すみ眼科クリニック

  • 東京都町田市山崎町2055番地2 グランハート町田B-203
  • 診療科目:一般眼科・白内障手術
ご予約・お問い合わせ
Tel.042-792-4113

すみ眼科クリニック

白内障

Cataract

白内障- Cataract -

白内障は、目の水晶体部分が白く濁ってくる病気です、白内障の多くは加齢によるもので、老人性白内障(加齢白内障)といわれています。

白内障の症状

白内障の代表的な症状は、視界が全体的にかすむ、視力が低下する、光をまぶしく感じる、暗い時と明るい時で見え方が違う等あります。

老人性白内障は白内障患者の7割以上を占めますが、他にも先天性や外傷性、アトピー、糖尿病など代謝性の病気、薬剤や放射線による白内障もあります。これらは水晶体に含まれるタンパク質が白く濁ったり、硬くなったりすることで起こります。なかには黄色や茶色っぽく濁ったりする場合もあります。これらの変化は個人差はありますが早い場合では40歳代から始まり、加齢とともに増えていきます。

一方、アトピー性の白内障や糖尿病による白内障は、30~40歳代くらいの比較的若年層に発症する事がわかっています。

このほか、妊娠中の母体の風疹感染で生まれつき白内障を発症しているケースや、けがや薬の副作用で白内障を起こすこともあります。また白内障は、どんなに症状が進行しても手遅れという事はありません。

白内障の治療

仕事や生活に支障が出ていない初期の場合は、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療が基本です。ただし、薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではなく、あくまで白内障の進行を抑えることが目的です。

日常生活に支障が出てきた場合、外科的手術が行われます。現在では「超音波乳化吸引術」が一般的です。この手術では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除き、その代わりに人口水晶体である眼内レンズを挿入します。

白内障の手術は、多くの患者さんが安心して受けることができる手術の1つです。また、手術を受ければ、視力の回復が見込める病気です。ただし、人工的な眼内レンズにピント調節機能はないため、手術後もメガネなどにとる視力の矯正が必要な場合があります。

白内障の手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波水晶体乳化吸引術)、眼内レンズを入れるという方法で行われています。白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります。

治療内容- Medical -

手術- Surgery -